安全性の高い石鹸で安心|乳児湿疹の対処法

乳児とレディ

赤ちゃんのカーは種類豊富

女性と赤ん坊

日本で販売されている種類

赤ちゃんとお出かけする時に最適なアイテムはベビーカーですが、ベビーカーには種類があるため赤ちゃんの成長段階に応じたものを選ぶ必要があります。日本で多く使用されているベビーカーは、A型やB型と呼ばれる形状です。A型は赤ちゃんが寝転んだ状態でも乗せることができるので、生後一ヶ月以上の首が据わっていない赤ちゃんから使用できます。B型はおすわりができるようになった頃の乳幼児に向くタイプで、生後七か月以上からの使用が勧められています。他のタイプには、AとBが兼用・海外の製品・バギーがあります。兼用になっているベビーカーは、寝転んだ状態でも座った状態でも乗せることができます。海外の製品はデザインが日本には珍しい感じになっており、バギーはB型と同様に七か月以上から使用可能ですがB型より軽くて収納しやすい大きさになっています。

値段よりも特徴を見て選ぶ

A型には、対面式と背面式があります。対面式では常に赤ちゃんと顔を合わせられるので、お母さんと離れると泣いてしまう子に向きます。背面式では赤ちゃんの視界に外の景色が見えるので、成長のことを考えると背面式の方が良いと思います。B型はA型より小さくて、折り畳みもできます。多くは2歳まで使用可能になっていますが、中には3歳まで乗れるB型ベビーカーもあります。AとBが兼用になっているベビーカーは、ベビーカーの形状を変化させることで、寝転んだ状態と座った状態に対応します。見た感じはA型に似ていますが、A型より頑丈でないため二か月以上からの使用となっています。海外の製品では、ストローラーと3輪バギーがあります。3輪バギーはオシャレで、目立つものが多いです。ストローラーはとてもシンプルなベビーカーで、収納しやすく安いので人気があります。バギーは、小さく折りたためます。赤ちゃんと電車に乗る時にオススメです。海外の製品やバギーは自立しない製品もあるので、購入の際はちゃんと確認すると良いと思います。ベビーカーを選ぶ時は値段第一ではなく、強度・使用する状況・成長過程で変えることが望ましいです。